トップ / 病院の基本を知っていく

病院の常識を考える

病院の基本を知っていく

病院宛に手紙等を送る時の宛名

病院宛に手紙や書類等を送らなければいけない時、宛名に困ったことがある人はいると思います。企業や組織なら「御中」ですがどうなるのだろうと疑問に思うかもしれませんが、「御中」で大丈夫です。先生個人に出す場合宛名はどうなるのかとまたここで疑問が生じるかもしれませんが、このような場合は〇〇病院〇〇先生となります。先生は敬称なので様は必要ありませんし、付けたら二重敬称になりおかしくなります。一般的には個人名の後付には「様」を使いますが、弁護士や教師等先生と呼ばれている職業の人の場合は先生となりますので、注意が必要です。

病院宛ての宛名の書き方

病院宛ての文書を郵送する際に、宛名の書き方で迷う方も少なくありません。医療機関名だけでは、失礼にあたる気がすると言う声もあるからです。そのような時には、「御中」をつければ、まず、問題ありません。また、病院で具体的な先生の名前を書く必要がある場合には、「先生」、「様」をどちらかを使うようにしましょう。「先生」は、すでに敬称なので、「様」は必要ありません。医療機関名に続けて先生の名前を書く場合には、医療機関名の後に「御中」は不要になります。あくまでも、個人への文書の郵送ですので、個人に対する敬称があればそれで十分です。

↑PAGE TOP